結膜炎

結膜炎とは

結膜炎とは 様々な原因によって、結膜に炎症が起こる病気を結膜炎と言います。結膜は、白目とまぶた裏側を覆っている半透明な薄い膜を指します。眼球内への異物侵入を防いで、眼球表面を涙の層で覆って眼に潤いを与える役割を担っています。いろいろな刺激や微生物感染によって炎症を起こすことで、結膜の充血・目やにがたくさん出る・まぶたの腫れ・かゆみなどの症状が現れます。

結膜炎の仕組み

結膜炎になると、目の充血や目やにが生じますが、これは結膜が異物を排除しようとする防御反応とされます。通常、結膜の上皮細胞が正常だと、細菌やウイルスが触れても炎症を起こしませんが、ドライアイや眼を強く擦って傷を作ってしまうと、そこに細菌やウイルスが付着して炎症を引き起こします。

結膜炎の種類・原因と症状

結膜炎は、アレルギー性結膜炎・細菌性結膜炎・ウイルス性結膜炎の大きく3つに分けられます。

アレルギー性結膜炎

花粉やハウスダストなど特定のアレルゲンに対して免疫が働き、アレルギー反応を起こすことで生じる結膜炎です。目のかゆみや充血・目やに・涙のほか、鼻水・鼻づまり・くしゃみなどの鼻症状が現れます。春や秋というように決まった季節に起こるのを季節性アレルギー性結膜炎と言い、季節関係なく起こるのを通年性アレルギー性結膜炎と言います。

細菌性結膜炎

目が細菌に感染することで生じる結膜炎です。細菌は種類も多く、涙で洗い流せる弱い菌から、黄色ブドウ球菌など強い菌まで様々です。黄色ブドウ球菌は重症化しやすく、白目の充血やむくみ、黄ばんだ目やになどの症状が目立ちます。また、クラミジアやトラコマティスという性感染症の一種となる細菌に感染している人の体液に目が触れることで感染するのがクラミジア結膜炎です。性感染症である淋菌やクラミジアトラコマティスによる結膜炎は要注意です。

ウイルス性結膜炎

ウイルス感染で生じる結膜炎です。ウイルスの種類によって症状が異なります。

流行性角結膜炎(はやり目)

アデノウイルスに感染することで起こります。感染力が強いので「はやり目」とも呼ばれ、目やに・涙・眼痛・眼の充血・リンパの腫れなどの症状が見られます。

咽頭結膜炎(プール熱)

アデノウイルスに感染することで起こります。プールの水を介して流行することから「プール熱」とも呼ばれ、目やに・眼の充血などの症状が見られますが、流行性結膜炎よりは症状が弱く、発熱やのどの痛みなどが現れます

急性出血性結膜炎

エンテロウイルスやコクサッキーウイルス変異株などに感染することで起こります。急性の症状で目やにや充血・ゴロゴロとした感じが現れ、白目に出血などがよく見られます。

ヘルペス性結膜炎

単純ヘルペスウイルスに感染することで起こります。症状は、咽頭結膜炎やウイルス性結膜炎と似ていて鑑別が難しい場合もあります。角膜上に樹枝状病変を作るのが特徴です。眼の周囲の皮膚に小さな水疱が見られます。また、両目が侵されることは少ないとされています。

結膜炎の予防法・対処法

結膜炎の予防法として一番大事なことは、アレルゲンやウイルス・細菌を眼に入れない(目を触れない)ことです。

アレルギー性結膜炎

  • 目薬を使う
  • 花粉に触れない
  • ダニを除去する
  • カビを除去する

細菌性結膜炎

  • こまめに手を洗う
  • 目薬を使用する

ウイルス性結膜炎

  • 手を良く洗う
  • 目をこすらない
  • プール時はゴーグルを使用する
  • 眼科を受診する
  • 周囲への感染を予防する
  • 自宅療養
  • 家族間での感染を予防

結膜炎とコンタクトレンズの関係

コンタクトレンズの汚れには、ほこりや化粧品、タバコの煙などの外的要因と、涙の成分などの内的要因があります。また、アレルギー性結膜炎が酷い人は、分泌物が多いためコンタクトレンズが汚れやすいとされています。また、コンタクトレンズに付着した汚れや素材そのものにアレルギー反応を起こしてしまうケースもあります。目やにが出たり、結膜炎の場合、コンタクトレンズを休憩することをお勧めしています。

結膜炎による怖い合併症

ウイルス性結膜炎などで、結膜が弱っているところに別の細菌に感染してしまうと、細菌の種類によっては重症化するケースがあります。結膜の上皮細胞に傷がついた状態では、結膜炎とは違う種類のウイルスや細菌が侵入しやすいとされています。これらを、混合感染と言い、抗菌点眼液を使用します。また、アデノウイルスに感染した結膜炎に角膜炎が併発すると角膜炎が続くと視力低下を起こすこともあります。したがって、結膜炎はそのまま放置せずに、適切な治療を行って完治させることが重要です。

子ども・高齢者の結膜炎対処法と予防法

免疫機能が正常な場合は、ウイルスや細菌が眼に触れても感染しません。しかし、お子さんや高齢の方は、免疫機能が未熟だったり低下したりすることが原因で感染しやすいとされます。また、病気をしている間や病後なども感染しやすいため注意が必要です。この場合、免疫機能を維持するためにも食事や睡眠をしっかりと摂り、疲労やストレスをためすぎないようにし、手洗いを徹底するなど感染を予防する必要があります。それと同時に、ドライアイなどで角膜や結膜で傷ついていると細菌に感染しやすいので、結膜炎同様ドライアイなども放置せずに治療を行いましょう。

順番予約Reservation

順番予約をお取りいただけます。
※現在準備中です

お問い合わせContact

お電話でのお問い合わせは
診療時間内におかけください。

03-6279-4705

keyboard_arrow_up