ものもらい

ものもらい(麦粒腫)と霰粒腫の違いとは?

ものもらい(麦粒腫)と霰粒腫の違いとは? いずれもまぶたが腫れて開けづらくなる疾患ですが、それぞれ原因や症状が異なります。ものもらい(麦粒腫)は、まぶたが腫れて痛みやかゆみが伴います。まぶたの汗腺やまつげの毛根、脂腺が細菌に感染して炎症を起こします。一方、霰粒腫とは、まぶたのマイボーム腺に脂肪が詰まって肉芽腫というしこりが生じる疾患です。どちらも痛みが現れるため、初期段階では区別が分からないのが特徴です。

ものもらいの症状

まぶたの一部を押すと痛みが生じて、次第にまぶたが腫れて痛みとともに異物感や目やにが生じます。瞼内に溜まった膿が自然につぶれて排出することで、しこりを残さずに治ります。汚れが目に付着したり、化粧を落とし切れずに不衛生にしておくことで発症します。

ものもらいの治療

基本的には自然治癒できる疾患ですが、抗菌薬の点眼や軟膏・内服などで早めに治療することで、症状を軽く抑えながら治療することができます。膿が溜まって皮膚が薄くなってしまった場合は、早く膿を出すという目的で切開することがあります。

霰粒腫の症状

まぶたの一部にしこりが生じて、腫れが見られますが痛みはありません。しこり部分が細菌に感染してしまった霰粒腫を急性霰粒腫と言います。霰粒腫は、麦粒腫とは異なって急性期の炎症が治まって痛みがなくなってもしこりが残ります。何度も発症を繰り返す人もいるとされています。

霰粒腫の治療

自然治癒できる疾患ですが、点眼や軟膏による治療を行ってもしこりが残る場合もあります。痛みや赤みが生じる場合は、抗菌薬の目薬や軟膏を用いて治療を行います。痛みがなく、しこりだけの場合は、ステロイド点眼薬や軟膏をまぶたに塗ります。

霰粒腫の手術

霰粒腫は、点眼や軟膏治療をしてもしこりが残る場合があり、しこりが気になる際には手術治療を行って内容物を除去します。切開手術治療には、まぶたの裏側からと皮膚側から切開する方法とがあります。

霰粒腫と似た疾患とは

表皮嚢腫

アテロームや粉瘤と呼ばれる良性の皮膚腫瘍です。毛穴部分の皮下に袋状の組織があり、そこに皮脂や角質などが溜まる病気を表皮嚢腫と言います。患部が細菌に感染すると、痛みや腫れを引き起こします。霰粒腫よりもしこりが動く可動性があるのが特徴とされます。目薬や軟膏が効かず、目の近くに出来た場合は手術治療で袋状の組織ごと摘出していきます。

脂腺癌

まぶたに発生する悪性腫瘍を脂腺癌と言い、再発や転移を引き起こしやすい病気です。まぶたにあるマイボーム腺から発生することが多く、霰粒腫と似ているため初期症状では判断することが難しいとされます。初期症状では区別がつかず、霰粒腫として手術治療を行っても、何度も再発することで脂腺癌と診断されます。中高年の方が再発を繰り返す場合は、除去した内容物は病理組織検査に提出します。

よくある質問

ものもらい(麦粒腫)や霰粒腫の予防方法とは?

汚れた手で目に触れないように気を付けます。また、メイク時のアイラインをまつげの付け根部分に引かないように注意が必要です。発症しやすい人は、専用のシャンプーを用いて常に清潔に保つことで予防できます。

霰粒腫が目薬では全然治りません。

霰粒腫の治療を行ってもしこりが残ってしまうケースが多く見られます。残ってしまったしこりは、自然に吸収されるのを待つか、手術治療で除去するかのどちらかで完治させていきます。このように、しこりに対しては目薬の効果がなく、特効薬がないとされています。

霰粒腫は再発しますか?

治療後でもしこりが残ると再発しやすいとされています。何度も再発を繰り返すケースもあります。

霰粒腫の手術後は傷痕が残りますか?

皮膚側から切開する手術を行った場合、まぶたと並行に切開するので二重幅に紛れて目立たないようにできます。目の周囲の傷は残りにくいとされ、あまり目立ちません。霰粒腫がまつげの毛根付近の場合は、手術後まつげが生えてこなってしまうことがあります。

霰粒腫が繰り返しできることはありますか?その場合の予防法はありますか?

再発を繰り返す人は、まぶたのマイボーム腺が詰まりやすい体質の可能性があります。この場合、まぶたをホットアイマスクなどで温めたり、まつげ専用のアイシャンプーでまつげの根元辺りをきれいに洗浄したりすると、詰まった角質や脂を除去できます。優しくマッサージするのもお勧めです。ただし、患部に痛みや腫れがある場合は控えてください。

順番予約Reservation

順番予約をお取りいただけます。
※現在準備中です

お問い合わせContact

お電話でのお問い合わせは
診療時間内におかけください。

03-6279-4705

keyboard_arrow_up