コンタクトレンズ処方

コンタクトレンズについて

コンタクトレンズは眼鏡と違い、視野が裸眼とほぼ同様に得られるので、顔の印象などが変わない・慣れやすい・スポーツに便利などといったメリットがあります。一方、眼鏡は直接眼に接触しないので、角膜を傷つけることがなくトラブルが少ない・装用の際の煩わしさが少ないなどがメリットとして挙げられます。

コンタクトレンズの種類

大きく分けて2種類、ソフトレンズとハードレンズがあります。ソフトレンズには、使い捨てタイプと定期交換タイプがあります。

ソフトコンタクトレンズとは

柔らかい素材のレンズで、使い捨てタイプと定期で交換するタイプがあります。

1日使い捨てタイプ

1日使用した後に捨てて、毎日新しいコンタクトレンズに換えるタイプです。衛生的で常に清潔に使用できます。再装用はできません。ケアが要らないので忙しい方やコンタクトに慣れていない方などにもお勧めです。2週間・1カ月交換タイプのコンタクトレンズよりも割高ですが、手軽さと商品の種類の豊富さが魅力です。

2週間・1カ月交換タイプ

開封してから2週間・1カ月など定期で交換するタイプのレンズです。毎日装用後には、レンズケアが必要です。使い捨てレンズに比べて手間がかかりますが、コストを抑えることができます。普段は2週間・1カ月交換タイプを使って、旅行や出張時には1日使い捨てタイプを使うなども可能です。また、気分転換にカラーコンタクトやサークルレンズを使うのも可能です。

ハードコンタクトレンズとは

使い捨てではなく、長期間使用するタイプです。ソフトとは異なり、硬いレンズで黒目(角膜)より小さいのが特徴です。眼が覆われる面積が少ないため角膜への負担が軽減され、また角膜乱視の矯正にも有効です。レンズの硬さや動きに慣れるまで時間がかかる方もいます。

ハードコンタクトレンズ

処方の流れ

1問診

眼の状態・視力・既往症・レンズのご希望・要望などを丁寧にお伺いします。

2検査全般

角膜の形状・視力測定します。

3診察全般

眼の状態を確認しながらレンズを決めていきます。

4取り扱い練習

コンタクトレンズのケアや装用方法の練習をします。

コンタクトレンズの注意点とよくある質問

正しい使用方法・取り扱い方法・決められた装用時間を守ります。
使用中にコンタクトレンズが汚れたり、傷ついたりする場合があるため、定期的(3か月に1回程度)に検査を受けて眼を保護していきましょう。

初めてコンタクトレンズを使いますが、処方までどれぐらい時間がかかりますか?

検査は約1時間で終了します。初めての方は、着脱の練習や取り扱い指導を行うので時間がかかります。時間に余裕をもってご来院ください。

カラーレンズは取り扱っていますか?

当院では、黒目(角膜)が大きく見えるサークルレンズを取り扱っています。ドラッグストアなどで販売のカラーレンズやサークルレンズは眼の障害を及ぼす恐れがあるため、必ず眼科医の処方・指導のもとご使用ください。

順番予約Reservation

順番予約をお取りいただけます。
※現在準備中です

お問い合わせContact

お電話でのお問い合わせは
診療時間内におかけください。

03-6279-4705

keyboard_arrow_up