コンタクトレンズトラブル

コンタクトレンズによるトラブル

コンタクトレンズによるトラブル コンタクトレンズによるトラブルは増加傾向にあります。例えば、長時間の使用や汚れたまま使用し続けることで、角膜を傷つけたり、細菌などに感染したりと眼疾患を訴える人が増えています。また、アレルギー性結膜炎を起こしたり、眼の充血や痛み・かすみ目・異物感・目やに・滲みるなどの症状が見られます。これらのコンタクトレンズのトラブルによって眼障害が悪化すると、角膜びらんや角膜潰瘍や角膜混濁・巨大乳頭結膜炎、角膜内皮細胞障害など重篤な疾患を招く恐れがあります。

カラーコンタクトレンズによるトラブル

普段と異なる雰囲気を楽しめたり、気分転換にもなるカラーコンタクトレンズは手軽なファッションアイテムとして人気ですが、装用の際には注意が必要です。カラーコンタクトレンズの特徴として、そのほとんどの素材が酸素透過性の低い素材のため、酸素を十分に確保できないというデメリットがあります。そのため、角膜を傷つけて、重篤な眼疾患へと進行してしまう可能性があります。容易に購入できることから気軽に装用できますが、間違った使い方をしないように注意が必要です。カラーコンタクトレンズを使用する際は、基本的に眼科医による診断と指導・処方することをお勧めしています。装用中や装用後も定期的に通院して診察を受けるようにしてください。

日常生活におけるトラブルの原因とは

長時間の装用

コンタクトレンズを装用しているときは、角膜をレンズがおおっているため、長時間装用すると酸素不足になってしまいます。角膜に酸素が十分に行き渡らないと、栄養不足が酷くなり角膜障害を引き起こします。

角膜感染

汚れたままのコンタクトレンズを使用することで、角膜に細菌や真菌の感染を引き起こします。ゴミが付着したレンズをそのまま装用すると、レンズの下にゴミが入り込んで細菌感染を起こします。特に、ソフトコンタクトレンズの場合は、水分を吸収しやすい性質から、水道水で洗うと微生物を吸着させてしまいます。さらに、コールド消毒の場合、煮沸しないためレンズにアメーバ類が生き残り、アカントアメーバ角膜炎を招きます。また、細菌感染を重症化させてしまうと視力障害となります。

コンタクトレンズの汚れや傷

汚れたコンタクトレンズや、傷が付いたコンタクトレンズの使用によって、角膜の表面が傷つけられます。傷ついた状態を放置してしまうと、視力障害や失明に至る恐れがあります。水道水での洗浄はやめ、医師の指示に従って正しいケアを行うようにしてください。

コンタクトレンズトラブルで起こる疾患

ドライアイ

涙の分泌量の減少や、涙の質が変わることで蒸発しやすくなり、眼の表面が乾いて傷つきやすくなっている状態です。コンタクトレンズの使用が原因でドライアイとなるケースも多く見られます。コンタクトレンズが角膜を覆うため、角膜に涙が届かなくなり、乾燥や酸素不足・栄養不足が起こります。ドライアイの主な症状は、乾燥感だけではなく眼の疲れや異物感・充血・かゆみなどです。

ドライアイについて

点状表層角膜炎・角膜上皮びらん・角膜潰瘍

長時間のコンタクトレンズの装用によって酸素が不足すると、点状表層角膜炎を発症します。眼がゴロゴロしたり、滲みたりします。さらに、病状が悪化すると角膜上皮びらんとなり、はがれた部分に細菌が感染することがあります。また、角膜上皮がさらに欠損すると角膜潰瘍になってしまいます。

アレルギー性結膜炎

結膜内に特定のアレルゲンが入ることで、アレルギー反応が起こって眼のかゆみ・充血・涙などの症状が現れます。コンタクトレンズ使用の際に吸着した汚れやアレルゲンが原因とされます。

結膜炎について

日常生活でできる予防方法

正しい使用方法を守る

使用方法・洗浄方法・装用時間などを適切に守って使用しましょう。ソフトコンタクトレンズの洗浄は、決して水道水で行わず、コンタクトレンズ用洗浄水をお使いください。洗浄後は消毒保存液に浸します。

眼の乾燥に注意する

眼の乾燥を防ぐためには、加湿器を使用するなど室内の湿度を適度に保つことが大切です。また、コンタクトレンズを使用すると、レンズが角膜を覆ってしまうため、涙が届きにくく、酸素不足になってしまいます。この場合は、涙の成分に近い点眼薬を使用したり、意識して瞬きを増やすなど涙の分泌量を増やすこともお勧めです。

まぶたを温める

涙はマイボーム腺から分泌されます。特に涙の油層は、涙の蒸発を防いで安定性を保つ役割がるため、まぶたを温めて涙の分泌を促すこともお勧めです。マイボーム腺機能不全はドライアイの原因となります。

対処方法

異物感や痛み・かゆみ・滲みるなどを感じたらコンタクトレンズを外してください。

医療機関を受診する

基本的に3か月に1回は定期検診を受けるようにしましょう。コンタクトレンズの使用によるトラブルがあった場合は、速やかに医療機関を受診してください。異物感や痛みなどをそのまま放置してしまうと、症状がさらに悪化して重篤な疾患へとつながります。少しでも不調がある場合は、早めに当院にご相談ください。

順番予約Reservation

順番予約をお取りいただけます。
※現在準備中です

お問い合わせContact

お電話でのお問い合わせは
診療時間内におかけください。

03-6279-4705

keyboard_arrow_up