網膜剥離

網膜剥離とは

網膜は、光を感じた刺激を脳に伝える神経網膜と、その土台となる網膜色素上皮の二層からなっています。この神経網膜と網膜色素上皮細胞との接着は弱いため、なんらかの原因によって剥がれた状態が網膜剥離です。網膜剥離には、裂孔原性網膜剥離とそのほかの網膜剝離とに分類されます。

裂孔原性網膜剥離

通常、硝子体と網膜は付いている状態ですが、加齢に伴って眼球の動きと一緒に硝子体が眼球内で動くようになり、眼球の動きに網膜が引っ張られて硝子体と網膜が離れてしまいます。裂孔ができて、網膜が剥がれる状態を裂孔原性網膜剥離と言います。
これ以外には、ボールなどが目に当たった衝撃など、強い力が目に加わったことで網膜が剥離する外傷性網膜剥離も裂孔原性網膜剝離のひとつです。

そのほかの網膜剥離

糖尿病網膜症による牽引性網膜剥離・ぶどう膜炎や眼内腫瘍などによる続発性網膜剥離の場合は、まず原因となる疾患の治療を行います。

症状

以下のような症状がある場合は、検査を受けてください。

飛蚊症 黒い点や蚊のようなものが飛んでいるように見える
光視症 眼の中でピカピカと光って見える
視野欠損 見ている対象物の一部が見えない
視力低下 見たいものがはっきりと見えない

検査

眼底検査

点眼薬を用いて瞳孔を開いた後に眼底の様子を調べていきます。最も重要な検査です。また、硝子体出血などによって眼底が見えない場合は、超音波検査を実施します。

治療

網膜剥離の進行 手術治療の種類 手術治療の内容
網膜に裂け目ができる 光凝固術 裂け目の周囲をレーザーで塞ぐ
液体化した硝子体が裂け目に入って網膜が剥がれる 網膜復位術 剥離した網膜を元の位置に戻す
網膜に裂け目ができたときに血管から硝子体に出血する 硝子体手術 出血によって濁った硝子体を除去する

※通常の網膜剥離の手術によって治癒したとしても、網膜表面や裏に細胞が増殖して再度網膜剥離を起こす場合があります。これを増殖性硝子体網膜症と言いますが、手術後に起こる合併症として、手術を繰り返し行わなければならなくなります。

順番予約Reservation

順番予約をお取りいただけます。
※現在準備中です

お問い合わせContact

お電話でのお問い合わせは
診療時間内におかけください。

03-6279-4705

keyboard_arrow_up