よくある症状一覧

目がかすむ(霧視)

目がかすむ(霧視)目がかすむことを「霧視」と言います。主な原因は、角膜や水晶体・硝子体の濁り・網膜疾患・近視や遠視の悪化からの屈折異常・視神経疾患が考えられます。また、徐々に症状が進行したのか?急激に発症したのか?どの程度霞んで見えるのか?痛みや充血があるのかどうかによって、原因や疾患が異なります。急激に発症した場合は、結膜炎・ぶどう膜炎・網膜疾患・視神経炎・急性緑内障発作などが疑われます。徐々に見えにくくなる場合は、白内障や屈折異常が考えられます。糖尿病の方は、網膜に障害が現れることがあるので、なんらかの異常がある場合は速やかに眼科を受診してください。

目が赤い

目が赤い症状は、充血と出血の2種類があります。充血は、目表面の血管が拡張することで目が赤くなります。出血は、目表面の血管からの出血で赤くなります。また、充血には結膜充血と毛様充血とに分かれ、結膜充血は白目周辺部分が赤くなります。主な原因には、アレルギー性結膜炎やウイルスや細菌が原因の感染性結膜炎があります。毛様充血は、角膜周囲が青紫色におびた充血で、眼内の炎症や急性閉塞隅角緑内障(緑内障発作)などが原因です。いずれも目が赤い原因を特定するためにも、早めに当院にご相談ください。

結膜炎について

結膜充血

まぶた裏側の白目部分が目やに・涙が伴います。

毛様充血

青紫色を帯びた充血ですが、まぶた裏側まで充血しません。涙は出ますが、目やには出ません。

結膜下出血

白目がべったりと赤く染まり、痛みやかゆみはありません。

目が痛い

目が痛い症状を眼痛と言い、主な症状に「ゴロゴロする異物感・刺すような痛み・目表面の痛み」と、「眼球奥が痛む・深部の痛み」に分類されます。眼表面の痛みには、結膜炎・角膜異物によって起こることが多いとされます。また、まぶたの炎症では、眼瞼炎・麦粒腫・霰粒腫・逆さまつげなどが考えられます。深部の痛みは、眼精疲労・ぶどう膜炎・視神経の炎症・頭部の異常などが疑われます。そのほか、頭痛や副鼻腔炎などの影響があるなど、眼の充血・酷い痛み・嘔吐・視力低下がある場合は速やかに眼科を受診してください。

目やにが出る(眼脂)

起床時に眼周辺に付いている程度であれば特に問題ありませんが、昼間起きている間も目やにがたくさん出る場合は注意が必要です。目やにが黄白色で粘性がある場合や、ドロッとした目やにの場合は、細菌や真菌が原因である可能性があります。目やにには、ムチンという物質が眼表面の不要なものをまとめて出来たもので、それに脱落した上皮や血液中の細胞・病原体などによって成り立っています。主に片目に発症し、黄色ブドウ球菌・肺炎球菌・インフルエンザ菌などが原因です。膿のような目やにが大量に出る淋菌は、眼科における性感染症として代表的な疾患です。病状によっては、角膜穿孔を招く恐れがあるので注意が必要です。逆に、サラサラとした目やにはウイルスが原因とされ、両目に発症するのが特徴です。透明でサラサラなので、涙が増えたと気付かないこともあります。
流行性角結膜炎ははやり目とも呼ばれ、アデノウイルス8型が原因で、非常に感染力が強いのが特徴です。また、咽頭結膜炎はプール熱と呼ばれ、アデノウイルス3型が原因で小児に多く発症する結膜炎で、夏風邪に伴って発症するとされます。また、両目に1カ月以上透明または白色の目やにが続く場合は、ドライアイやアレルギー性結膜炎が考えられます。このように、目やにが出る原因は幅広く、中には重篤な疾患が影響していることもあるので、気になる場合は早めに眼科を受診してください。

結膜炎について

目がゴロゴロする

異物が目の中に入るだけではなく、角膜・結膜の炎症や、上皮障害でも目がゴロゴロします。角膜や結膜の炎症には、感染性と非感染性とがあります。感染性は、細菌やウイルス感染が原因とされ、その多くはソフトコンタクトレンズを正しく使用しないことが原因とされます。角膜炎や結膜炎の治療が遅れてしまうと、失明につながるため注意が必要です。また、非感染性はアレルギー性結膜炎が代表的とされ、主な原因としてスギ・ダニ・ハウスダストが原因です。そのほか、ドライアイや長時間のパソコン作業・コンタクトレンズの装用・シェーグレン症候群などが原因とされます。また、まつげが目の中に当たって角膜や結膜が炎症し、上皮障害を起こす、まつげが内側に生える睫毛乱生、まぶたが内側に反る眼瞼内反症などが原因となります。そのほか、マイボーム腺機能不全・結膜弛緩症によっても目の異物感が起こります。このように、目がゴロゴロする原因は実に幅広く、中には重篤な疾患が隠れていることで失明を招く恐れがあるため、気になる症状がある場合当院に相談してください。

目がかゆい

目のかゆみは、結膜が炎症することで起こります。結膜炎で代表的なものはアレルギー性結膜炎です。アレルギー性結膜炎には、決まった時期に引き起こる季節性と、通年性とがあります。季節性には、スギやヒノキの花粉などが挙げられます。目のかゆみ以外に涙や目やにが伴って出てきます。加えて、白目がぷよぷよと腫れる症状も見られます。通年性は、ダニやハウスダスト・ペットの毛などが原因となります。アレルギー性結膜炎が長く続いて重症化すると、春季カタルを引き起こします。春季カタルは、まぶた裏に石垣のようなゴツゴツとしたものが生じ、かゆみ以外に強い異物感が現れます。学童期の男児に多く発症するのが特徴です。アレルギー以外にも、細菌やウイルスなどによる感染が原因の感染性結膜炎・ドライアイ・眼瞼炎なども目のかゆみとなります。目のかゆみが長く続く場合は、放置せずに当院にご相談ください。

結膜炎について

まぶたが腫れる(眼瞼腫脹)

まぶたが腫れるのを眼瞼腫脹と言いますが、原因は様々です。まぶたが起因する疾患のほか、まぶた周囲の疾患や全身からの病気が原因となることもあります。まぶたの皮脂腺が詰まる霰粒腫や、細菌感染で起こる麦粒腫などのほか、アレルギーによる眼瞼腫脹などもあります。特定のアレルゲンによる局所性アレルギーや摂食による全身性アレルギーで眼瞼腫脹を起こします。眼周囲や後方組織の感染症である眼窩蜂窩織炎は、非常に緊急度が高く、治療しないで放置してしまうと重症化し、失明に至るほか脳にも障害が広がるため正確な診断と適切な治療が必要です。

目が疲れやすい

目が疲れを感じて、休養しても回復しない状態を眼精疲労と言います。眼が疲れる・充血する・目が痛い・ぼやける・目が重い・ショボショボする・眩しい・涙が出るなどの眼の症状のほか、首肩の凝り・頭痛・めまい・吐き気・疲労感など、全身の症状を訴える場合があります。度数の合わない眼鏡やコンタクトレンズの使用・ドライアイ・白内障・緑内障・斜位・斜視・眼瞼下垂などが原因とされています。目の酷使など、長時間のVDT作業なども大きな要因ともなります。さらに、自律神経失調症・更年期障害・虫歯・歯周病・風邪・精神的ストレス・アレルギー性鼻炎など全身の不調から眼精疲労が生じるとされています。

眩しい(羞明)

通常の明るさでも眩しく感じて、目が開けられないほどつらい症状が羞明と言います。原因も様々で、大きくは目の痛みが伴うか伴わないかで考えます。痛みがない場合は、角膜や水晶体が濁っているか、瞳が開いているか、黄斑変性・黄斑萎縮などが疑われます。痛みがある場合、角膜が傷ついている・ぶどう膜炎・緑内障などが疑われるため、速やかに眼科を受診してください。また、虹視症といって、光源の周囲に光の輪が見える症状が見られこともあります。

歪んで見える

真っすぐの線なのに、線の中央近くが歪んで見えたり、くびれて見えたりするのを変視症と言います。また、読もうとする文字がつぶれて見えます。網膜剥離が黄斑にまで及ぶことで変視に気付くことがあります。

網膜静脈閉塞症について

物が二重・三重に見える

両目で物を見るときに、2つに見える両眼性複視と、片目だけでも2つ以上に見える単眼性複視とがあります。両目で見るときに2つに見える場合は、斜視か左右の屈折値のズレなどが疑われます。片目で複数見える場合は、白内障や乱視が疑われます。斜視の原因は様々すが、急激に起こる場合は、脳梗塞・脳腫瘍・脳動脈瘤・重症筋無力症など、脳や神経に異常がある場合が多いので、速やかに眼科を受診してください。必要に応じて、脳神経科でMRI検査やCT検査を行う場合があります。そのほか、糖尿病で神経が障害されるほか、甲状腺眼症や眼窩の炎症性疾患などにもよります。また、交通事故などによる衝撃などで目を打撲し、眼窩吹き抜け骨折を起こしたりすると複視の症状が現れます。

視界に動くものが見える(飛蚊症)

視界に黒い動くものが見える症状を飛蚊症と言います。視界に黒い点や糸くずのようなもの、輪っか状のものなどが浮かんで見えます。視線を左右に動かすことで、一緒に動いて見えるのが特徴です。明るい場所などで見ることで発見されやすいとされています。そのほとんどが、加齢に伴う生理的飛蚊症が大半を占めますが、網膜剥離などの疾患が原因の場合があるため注意が必要です。病的原因の場合は、数えられないほど黒い点の数が多い、雲のように黒い範囲が広い、ピカピカと光の筋となって見える光視症を伴います。

飛蚊症について

順番予約Reservation

順番予約をお取りいただけます。
※現在準備中です

お問い合わせContact

お電話でのお問い合わせは
診療時間内におかけください。

03-6279-4705

keyboard_arrow_up